バックナンバー

  • 2017/01/03 (Tue) 12:53
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「今年は年男です」
  • 2016/12/30 (Fri) 14:14
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「今年の10大ニュース」
  • 2016/10/03 (Mon) 18:40
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「【NHK生中継】予算委員会で質問に立ちます」
  • 2016/10/01 (Sat) 14:22
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「提案型追求の予算委員会質疑」
  • 2016/09/29 (Thu) 17:33
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「【NHK生中継】予算委員会で質問に立ちます」
  • 2016/09/26 (Mon) 17:43
    衆議院議員 後藤祐一メルマガ「予算委員、安全保障委員会の野党筆頭理事に就任」
  • 2015/06/06 (Sat) 20:44
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「謹んでお詫びを申し上げます」
  • 2015/05/21 (Thu) 12:18
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「安全保障特別委員会の委員に就任」
  • 2015/01/29 (Thu) 18:05
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「春のつどいを各地で開催します」テストメール
  • 2014/12/08 (Mon) 21:18
    前衆議院議員後藤祐一メルマガ「国会監視なき特定秘密保護法施行の問題点 現場からの報告」
  • 2014/11/28 (Fri) 14:39
    12月1日(月)国政報告会開催のお知らせ
  • 2014/11/15 (Sat) 15:03
    衆議院議員後藤祐一メルマガ11月15日版「大義なき解散(facebook始めました)」
  • 2014/10/15 (Wed) 08:49
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「地方創生特別委員会の委員に」
  • 2014/10/06 (Mon) 15:28
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「ガソリン代下げと児童手当増額を」
  • 2014/01/20 (Mon) 16:21
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「メキシコとワシントンに出張」
  • 2014/01/06 (Mon) 15:19
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「今年の課題は『調和』(1月9日テレビ朝日モーニングバードに出演)」
  • 2013/10/28 (Mon) 11:44
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「特定秘密保護法案について」
  • 2013/10/25 (Fri) 16:15
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「秘密保護法についてテレビ出演します」
  • 2013/04/09 (Tue) 08:12
    衆議院議員 後藤祐一メールマガジン「本日、予算委員会で質問します」
  • 2013/04/02 (Tue) 21:14
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「内閣委員会で質問します」
  • 2013/03/30 (Sat) 15:11
    衆議院議員後藤祐一メルマガ 「予算委員会で質問します」
  • 2013/03/15 (Fri) 09:25
    衆議院議員後藤祐一メルマガ 「内閣委員会の質疑時間決まりました」
  • 2013/03/14 (Thu) 18:24
    衆議院議員後藤祐一メルマガ 「内閣委員会で質問します」
  • 2013/03/12 (Tue) 13:54
    衆議院議員後藤祐一メルマガ 「憲法96条改正後藤案を提示、天下りあっせん復活を追及」
  • 2013/03/09 (Sat) 10:11
    衆議院議員後藤祐一メルマガ 「予算委員会で質問します」
  • 2013/02/27 (Wed) 10:00
    衆議院議員 後藤祐一メルマガ 「中小企業の保証人のルール改正を提案」
  • 2013/02/17 (Sun) 09:50
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「議員定数削減で総理を追い詰める」
  • 2013/02/13 (Wed) 19:31
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「内閣委員会で質問します」
  • 2013/02/08 (Fri) 13:26
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「2月12日(火)10:24、予算委員会で質問します」
  • 2012/12/03 (Mon) 10:46
    後藤祐一メルマガ2011年12月3日版「明日はいよいよ公示です。」
  • 2012/11/26 (Mon) 09:42
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「野田総理来たる」
  • 2012/11/15 (Thu) 17:57
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「身を切る」解散。実績が問われる。
  • 2012/09/22 (Sat) 09:00
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「従流志不変」
  • 2012/09/12 (Wed) 14:38
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「従流志不変」
  • 2012/07/13 (Fri) 11:20
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「生活者・納税者・消費者の立場に立つ=民主党の基本理念」
  • 2012/07/11 (Wed) 17:37
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「明日7月12日10:05より予算委員会で質問(NHK放映あり)」
  • 2012/07/08 (Sun) 20:52
    衆議院議員 後藤祐一メールマガジン2012年7月8日発行号「天下りは大幅に減っている」
  • 2012/06/26 (Tue) 19:52
    後藤祐一メールマガジン2012年6月26日発行号
  • 2012/06/18 (Mon) 18:42
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「6月17日(日)毎日新聞朝刊に対する見解」
  • 2012/05/15 (Tue) 20:56
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「相模原愛川インターチェンジ」、正式に決定!
  • 2012/04/25 (Wed) 09:56
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「実際にミサイルを落とすための具体策」
  • 2012/03/29 (Thu) 12:42
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「本日18時からのNHK「首都圏ネットワーク」に出演します」
  • 2012/03/21 (Wed) 09:43
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「本日深夜24:15、NHK受信料値下げについての質問がNHKで放映されます」
  • 2012/03/08 (Thu) 14:12
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「生活保護を厳格に」
  • 2012/02/17 (Fri) 12:22
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「本日夜のNHKニュース9での野田総理にご注目」
  • 2011/12/27 (Tue) 17:03
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「国家公務員の数を減らしました」
  • 2011/12/10 (Sat) 15:16
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「民主党の責任と与野党の責任の違い」
  • 2011/10/31 (Mon) 11:27
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「復興特区法案に埋め込む『秘策』あり」
  • 2011/10/18 (Tue) 19:27
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「内閣委員会理事に就任」
  • 2011/08/29 (Mon) 10:53
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「天下り規制強化を約束した野田さんに投票します」
  • 2011/08/27 (Sat) 10:04
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「私が総理を選ぶ条件」
  • 2011/05/30 (Mon) 13:12
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「被災地と東京のズレ」
  • 2011/05/18 (Wed) 22:23
    衆議院議員後藤祐一メールマガジン「国会議員、国家公務員の給与カット実現へ」
  • 2011/05/03 (Tue) 11:26
    衆議院議員後藤祐一メルマガ 「希望を示すのが政治」
  • 2011/02/25 (Fri) 14:18
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「予算委員会分科会質問時間の変更」
  • 2011/02/25 (Fri) 09:51
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「予算委員会分会で質問します」
  • 2010/12/17 (Fri) 17:59
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「税制大綱の背景」
  • 2010/09/21 (Tue) 09:54
    衆議院議員 後藤祐一メルマガ「菅政権は国家公務員給与大幅引き下げで闘う」
  • 2010/08/26 (Thu) 19:29
    衆議院議員後藤祐一メルマガ「我々は闘うリーダーを望む」
  • 2010/06/23 (Wed) 23:25
    衆議院議員後藤祐一メールマガジン「正直」と「逃げ」、勝つのはどっちか。

衆議院議員後藤祐一メルマガ「実際にミサイルを落とすための具体策」

2012/04/25 (Wed) 09:56
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
衆議院議員 後藤祐一メールマガジン
2012年4月25日発行号「実際にミサイルを落とすための具体策」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
遅ればせながら、3月24日のパーティにはおかげさまで約1000名の皆様にお
集まり頂き、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
パーティの際に話した防衛戦略の話の要約と、北朝鮮ミサイル発射失敗を踏まえ、実
効性を高める具体策についてお届けします。


<防衛戦略の根本転換>
 日本の国防リスクは、主に北朝鮮による核ミサイル攻撃・ゲリラ的上陸と中国の東シナ海への膨張活動にあり、北朝鮮・中国の攻撃から守れる実践的な国防戦略が必要です。しかし、2010年までの防衛の基本は「基盤的防衛力」、つまり「防衛力の量を見せつけ、敵に攻撃する気を起こさせない」という考え方でした。しかし、この考え方が、実際には公道を走れない大型戦車や、旧ソ連時代の上陸に備えた陸上自衛隊の北海道への過剰配備などにつながってきました。2010年12月の防衛計画大綱の見直しで、「基盤的防衛力」から「動的防衛力」、つまり具体的に想定される攻撃に機動的に対応できる体制を構築するという考え方に正式に転換しました。


<南西諸島とミサイル防衛に重点>
 現在最も必要なのは、南西諸島の海を守る海上自衛隊を増やすとともに、ミサイルを撃ち落とす体制(ミサイルを見張るイージス艦、撃ち落とす迎撃ミサイルPAC-3など)を充実することです。実際に、潜水艦を16隻から22隻に増やしたり、その財源として北海道の陸上自衛隊や戦車を減らしていくことを決めています。簡単なようですが、陸上自衛隊削減は雇用問題・地域振興の観点から前政権ではできなかったのです。この防衛戦略の転換は、実は政権交代の大きな成果の一つです。
 

<核兵器廃絶、米軍撤退リスク>
 私は、日本は唯一の被爆国として、核兵器のない世界を先頭に立って目指すべきであり、核兵器は保有すべきでないと考えます。一方で、世界から核が廃絶されるまでの間は現実に核攻撃のリスクがある以上、これに備えるため核兵器を持つ米国との日米安保を堅持すべきです。また、中長期的に米国が財政難から米軍を撤退させるリスクを常に念頭に置き、いざとなったら自衛隊だけで国を守れるよう常に考えておく必要があります。


<核ミサイル攻撃への実践的対応が重要>
 今回の北朝鮮ミサイル防衛のための沖縄への自衛隊配備はその意味でも非常に有意義です。今回の北朝鮮ミサイルの発射失敗については、初動体制の不適切さがあったことは反省すべきです。一方で、実際に核を積んでいるかもしれないミサイルが日本に向けて発射された場合の備えが十分かどうかの検証をすることが重要です。

1.ミサイル発射の探知は米国の早期警戒衛星からの情報提供によりますが、将来的には日本の自前の衛星で行えるようにすべきと考えます。発射によって発生する熱源を宇宙空間から赤外線で探知するこの技術は米国にしかなく、買うと約400-500億円かかるそうです。なお、私は内閣部門会議事務局長として各種衛星打ち上げに携わっています。

2.発射してしばらく経つとイージス艦のレーダーでとらえ、日本に向けられている場合にはSM-3というミサイルで大気圏外で撃ち落とすことになっています。現在保有しているイージス艦6隻のうち4隻しかSM-3を積んでいませんので、残り2隻にも積むべきではないかと防衛省に提案しています。

なお、今回はイージス艦のレーダーで捕捉できるところまで北朝鮮のミサイルが上がりませんでした(つまり地球は丸いので水平線の下だったということです)。今回の初動対応が混乱したのは、米国の早期警戒衛星の情報+イージス艦によるレーダー情報を合わせて判断しようとしていたら、ミサイルがそこまで上がらずに落ちたために発生したというわけです。前回の2009年のミサイル発射の際、まだ発射されていないのに発射されたとの誤報を流したという苦い体験があることから、今回は複数の情報源から慎重に判断しようとしたことが逆に初動の遅れとなってしまったわけです。

3.今回、沖縄へのPAC-3配備に三重県などから数日かけて移動しましたが、実際ミサイルが沖縄に向けて飛んできた場合にはそれでは対応できないため、平時から沖縄にPAC-3を配備すべきではないかと防衛省に提案しています。


今後も、実際に守り切れる防衛をめざして働きかけていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アドレス入りの名刺をお渡し下さった方、メールを下さった方、ホームページから配信申込をされた方に配信させていただいております。名刺を下さった方等、お断りせずに配信しご迷惑をお掛けしている場合は、恐れ入りますがお知らせ下さい。すぐに解除いたします。

▼配信解除について

配信をご希望でない方は、お手数をお掛けいたしますが、office@jitsugen.jp までお知らせ願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行者 衆議院議員後藤祐一事務所
■連絡先 TEL:046-296-2411
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━