バックナンバー

  • 2017/03/24 (Fri) 09:00
    Kotto Law メールマガジン(第85号)
  • 2017/02/24 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第84号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第83号)
  • 2016/12/07 (Wed) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第82号)
  • 2016/10/27 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第81号)
  • 2016/09/27 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第80号)
  • 2016/08/24 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第79号)
  • 2016/07/26 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第78号)
  • 2016/06/29 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第77号)
  • 2016/05/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第76号)
  • 2016/04/27 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第75号)
  • 2016/03/24 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第74号)
  • 2016/02/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第73号)
  • 2016/01/21 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第72号)
  • 2015/12/04 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第71号)
  • 2015/10/28 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第70号)
  • 2015/09/30 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第69号)
  • 2015/08/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第68号)
  • 2015/07/16 (Thu) 12:01
    Kotto Law メールマガジン(第67号)
  • 2015/06/02 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第66号)
  • 2015/04/22 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第65号)
  • 2015/03/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第64号)
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第63号)
  • 2015/01/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第62号)
  • 2014/12/03 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第61号)
  • 2014/11/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第60号)
  • 2014/10/02 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第59号)
  • 2014/09/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第58号)
  • 2014/07/31 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第57号)
  • 2014/06/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第56号)
  • 2014/05/28 (Wed) 11:26
    Kotto Law メールマガジン(第55号)
  • 2014/04/25 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第54号)
  • 2014/03/26 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第53号)
  • 2014/02/28 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第52号)
  • 2014/01/28 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第51号)
  • 2013/11/28 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第50号)
  • 2013/10/24 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第49号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:45
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/08/27 (Tue) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第47号)
  • 2013/07/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第46号)
  • 2013/06/27 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第45号)
  • 2013/05/29 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第44号)
  • 2013/04/26 (Fri) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第43号)
  • 2013/04/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第42号)
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第41号)
  • 2013/01/30 (Wed) 15:30
    Kotto Law メールマガジン(第40号)
  • 2012/11/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第39号)
  • 2012/10/24 (Wed) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第38号)
  • 2012/09/28 (Fri) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第37号)
  • 2012/08/29 (Wed) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第36号)
  • 2012/07/31 (Tue) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第35号)
  • 2012/06/28 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第34号)
  • 2012/05/31 (Thu) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第33号)
  • 2012/04/26 (Thu) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第32号)
  • 2012/03/22 (Thu) 16:30
    Kotto Law メールマガジン(第31号)
  • 2012/02/27 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第30号)
  • 2012/01/26 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第29号)
  • 2011/12/14 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第28号)
  • 2011/11/07 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第27号)
  • 2011/09/30 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第26号)
  • 2011/08/31 (Wed) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第25号)
  • 2011/07/29 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第24号)
  • 2011/06/30 (Thu) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第23号)
  • 2011/05/30 (Mon) 17:00
    Kotto Law メールマガジン(第22号)
  • 2011/04/14 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第21号)
  • 2011/03/03 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第20号)
  • 2011/01/14 (Fri) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第19号)
  • 2010/11/30 (Tue) 16:39
    Kotto Law メールマガジン(第18号)
  • 2010/10/27 (Wed) 15:48
    Kotto Law メールマガジン(第17号)
  • 2010/09/29 (Wed) 14:38
    Kotto Law メールマガジン(第16号)
  • 2010/08/24 (Tue) 16:07
    Kotto Law メールマガジン(第15号)
  • 2010/07/14 (Wed) 13:29
    Kotto Law メールマガジン(第14号)
  • 2010/06/16 (Wed) 17:30
    Kotto Law メールマガジン(第13号)
  • 2010/05/21 (Fri) 16:33
    Kotto Law メールマガジン(第12号)
  • 2010/04/07 (Wed) 17:21
    Kotto Law メールマガジン(第11号)
  • 2010/03/19 (Fri) 11:38
    Kotto Law メールマガジン(第10号)
  • 2010/02/05 (Fri) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第9号)
  • 2010/01/15 (Fri) 13:25
    Kotto Law メールマガジン(第8号)
  • 2009/12/18 (Fri) 11:48
    Kotto Law メールマガジン(第7号)
  • 2009/11/06 (Fri) 16:50
    Kotto Law メールマガジン(第6号)
  • 2009/09/10 (Thu) 14:16
    Kotto Law メールマガジン(第5号)
  • 2009/07/31 (Fri) 08:50
    Kotto Law メールマガジン(第4号)
  • 2009/05/29 (Fri) 17:24
    Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト
  • 2009/03/23 (Mon) 17:19
    Kotto Law メールマガジン(第2号)
  • 2009/02/16 (Mon) 10:32
    Kotto Law メールマガジン(創刊号)

Kotto Law メールマガジン(第33号)

2012/05/31 (Thu) 11:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 骨董通り法律事務所 Kotto Law メールマガジン □■
■□ 第33号 □■ 2012.5.31 http://www.kottolaw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

5月も終わりを迎え少し蒸し暑さを感じるようになってきました。早いところでは
すでにクールビズが開始され、10月末まで続くところもあるようです。
半年間ノーネクタイの日が続くのかと思うと、ふとネクタイ産業は大丈夫なのか
が心配となってきてしまう今日この頃ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
メルマガ33号をお届けいたします。

□INDEX□

 1.講演・出演等のご案内
 2.執筆記事・著書等のご案内
 3.リレー連載: 第7回
   (「私的違法ダウンロードへの刑事罰導入について」 桑野雄一郎)
 4.当事務所の全コラムにCCライセンス「表示-非営利-改変禁止」を付しました
 5.2012夏のインターン(ロースクール在学生・本年3月卒業生)を募集します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 1.講演・出演等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2012年5月17日 福井健策が、東京芸術大学音楽学部にて
  「音楽家のための権利入門」と題する特別講演を行いました。

(2) 2012年5月25日 福井健策が、JEITA(電子情報技術産業協会)にて
  「クラウド型サービス 違法は本当か?-クラウドと知的財産権」と題する
  講演を行いました(一般公開)。
  (http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=367&ca=1)

(3) 2012年6月9日 鈴木里佳が、東京都公立高等学校PTA連合会主催の
  個人情報保護についての研修会において講師を務めます。

(4) 2012年6月20日、福井健策が、専門図書館協議会・全国研究集会において、
  「専門図書館と著作権、TPP」をテーマに登壇します(@東京商工会議所、会員対象)。
  (http://www.jsla.or.jp/1/13/13-2.html)

(5) 2012年6月22日、福井健策が、渋谷Uplinkにて開催される「リミックス映画祭」において、
  「スペシャルトークセッション」に登壇します(一般公開)。
  (http://www.remixfilm.org/#!Event/cfw5)

(6) 2012年6月24日 福井健策が、日本マンガ学会第12回大会において「マンガと同人誌:
  第2部 二次創作の可能性と課題」と題するシンポジウムに出演します(一般公開)。
  (http://www.jsscc.net/taikai/12)

(7) 2012年7月4日 福井健策が、東京国際ブックフェア同時開催の
  「第16回 国際電子出版EXPO」において、eBooks専門セミナー
  「電子出版の著作権と契約2012 -世界潮流編」と題する講演を行います(一般公開)。
  (http://www.ebooks-expo.jp/Conference/seminar-event/seminar-event02/)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 2.執筆記事・著書等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2012年5月1日 発行の「月刊 新聞研究」(5月号)に、
 福井健策および鈴木里佳の執筆した「ピンク・レディー事件最高裁判決
 ──姿を現した、メディアにおける写真利用の新ルール」が掲載されました。
  (http://www.pressnet.or.jp/publication/kenkyu/120427_2112.html )

(2) 2012年5月1日 発行の「月刊民放」(5月号)に、福井健策の執筆した
  「TPPの映像・放送分野への影響と欧米を揺るがす「ネットの自由」」が掲載されました。
  (http://www.pressnet.or.jp/publication/kenkyu/index.html)

(3) 2012年5月2日 弁護士ドットコム トピックス
  「TwitterやFacebookで有名人の目撃情報を投稿する場合の違法性」と題する記事に、
  および5月19日の「ソーシャルゲームのコンプガチャ 違法の可能性」と題する記事に、
  福井健策のコメントが掲載されました。
  (http://www.bengo4.com/topics/11)
  (http://www.bengo4.com/topics/15)

(4) 2012年5月7日 発売の「月刊MdN」6月号に、福井健策のインタビュー記事
  「イラストを描くときに気になる著作権の話」が掲載されました。
  (http://www.mdn.co.jp/di/MdN/)

(5) 2012年5月12日 朝日新聞朝刊に、中国における「クレヨンしんちゃん」裁判に関する
  福井健策のコメントが掲載されました。

(6) 2012年5月30日、福井健策が主査を務めた、文化庁
  「著作物等のネットワーク流通促進のための意思表示システムの在り方に関する調査研究」
  報告書(事務局:野村総合研究所)が、同庁ウェブサイトにアップされました。
  (http://www.bunka.go.jp/chosakuken/pdf/network_hokokusyo.pdf) [PDF/1.81MB]

※このほか、事務所メンバーの講演・執筆等の情報は下記をご覧ください。
  http://www.kottolaw.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 3.リレー連載: 第7回
   (「私的違法ダウンロードへの刑事罰導入について」 桑野雄一郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

2010年の著作権法改正により、違法配信されている著作物(いわゆる「海賊版」)を、
海賊版だと知りつつダウンロードする行為は、それがたとえ私的使用目的
であったとしても複製権侵害にあたることとなりました。もっとも、これについて
罰則は設けられていませんでした。
現在、このような私的使用目的での違法ダウンロード(以下「私的違法ダウンロード」
とします)について、与野党間で新たに罰則を設けることが検討されています。
既にさまざまな議論がなされていますが、今回はこの改正案について考えてみたいと
思います。
なお、この改正案については著作権のみならず著作隣接権も問題となるのですが、
字数の制約もありますので、本稿では著作権に絞って述べることにします。

(全文を読む:http://www.kottolaw.com/column/000401.html)
(メンバーの過去のコラムを読む:http://www.kottolaw.com/column/index.html)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 4.当事務所の全コラムにCCライセンス「表示-非営利-改変禁止」を付しました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

2012年5月、当事務所HPに掲載の過去の全コラム(外部メディアのものを除く)に、
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス「表示-非営利-改変禁止」を付しました。
皆さんでご活用いただければうれしく思います。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの詳細は、
http://creativecommons.jp/licenses/ をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 5.2011夏のインターン(ロースクール在学生・本年3月卒業生)を募集します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

骨董通り法律事務所では、エンタテインメント・メディア法務に興味のある
ロースクールの学生および卒業生に就業体験の機会を提供いたします
(2012年6月22日締切)。
詳細は、http://www.kottolaw.com/recruiting.html をご覧ください。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

運動会というと秋のイメージですが、息子の小学校では5月26日が運動会でした。
さわやかな初夏という先入観で油断して出かけたところ、真夏のような日差しで、
たった一日で顔も腕も真っ赤に日焼けをしてしまいました。
翌日も大変暑かったので、これでは耐えられないと髪の毛をバッサリ切ったため、
たった2日間で自分でも気持ちが悪いくらい一気に男っぽくなってしまいました。

さて、その状態で職場の近くのコンビニに出かけたところ、レジにいたのは
アジア系の外国人のアルバイト。

へぇ、珍しいなぁ、と思いつつ、見事な日本語の接客ぶりに感心しながら
会計をし、お釣りを受け取ろうとしたところ、何気なく手を握られてしまいました。

・・・え?

と思って顔を見ると、微妙な笑顔と共に明らかに不自然な熱い視線・・・。
ちなみに、この店員さんは男性です。明らかにその趣味の方でした。
背中に視線を感じながら店を出る私は若干の内股になっておりました。

ちなみに私、その筋の男性には異様にもてるのです。困ったものです。。。。
(桑)

■ 本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、
法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。

■ 本メールマガジンのバックナンバーは
https://s.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=kottolaw&no=allをご覧下さい。

■ 本メールマガジンの配信申込・登録事項の変更は
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kottolawより。

■ 本メールマガジンは、配信申込をされた方、当事務所のメンバーと
お付き合いのある方等に近況報告や情報提供のためにお送りしております。
ご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信ください。
(上記配信申込サイトからも配信解除をすることができます。)

■ 上記以外の、法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても、一切
対応できません。

-------------------------------------------------------------------
骨董通り法律事務所
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
-------------------------------------------------------------------