バックナンバー

  • 2017/03/24 (Fri) 09:00
    Kotto Law メールマガジン(第85号)
  • 2017/02/24 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第84号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第83号)
  • 2016/12/07 (Wed) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第82号)
  • 2016/10/27 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第81号)
  • 2016/09/27 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第80号)
  • 2016/08/24 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第79号)
  • 2016/07/26 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第78号)
  • 2016/06/29 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第77号)
  • 2016/05/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第76号)
  • 2016/04/27 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第75号)
  • 2016/03/24 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第74号)
  • 2016/02/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第73号)
  • 2016/01/21 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第72号)
  • 2015/12/04 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第71号)
  • 2015/10/28 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第70号)
  • 2015/09/30 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第69号)
  • 2015/08/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第68号)
  • 2015/07/16 (Thu) 12:01
    Kotto Law メールマガジン(第67号)
  • 2015/06/02 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第66号)
  • 2015/04/22 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第65号)
  • 2015/03/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第64号)
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第63号)
  • 2015/01/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第62号)
  • 2014/12/03 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第61号)
  • 2014/11/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第60号)
  • 2014/10/02 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第59号)
  • 2014/09/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第58号)
  • 2014/07/31 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第57号)
  • 2014/06/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第56号)
  • 2014/05/28 (Wed) 11:26
    Kotto Law メールマガジン(第55号)
  • 2014/04/25 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第54号)
  • 2014/03/26 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第53号)
  • 2014/02/28 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第52号)
  • 2014/01/28 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第51号)
  • 2013/11/28 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第50号)
  • 2013/10/24 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第49号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:45
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/08/27 (Tue) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第47号)
  • 2013/07/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第46号)
  • 2013/06/27 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第45号)
  • 2013/05/29 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第44号)
  • 2013/04/26 (Fri) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第43号)
  • 2013/04/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第42号)
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第41号)
  • 2013/01/30 (Wed) 15:30
    Kotto Law メールマガジン(第40号)
  • 2012/11/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第39号)
  • 2012/10/24 (Wed) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第38号)
  • 2012/09/28 (Fri) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第37号)
  • 2012/08/29 (Wed) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第36号)
  • 2012/07/31 (Tue) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第35号)
  • 2012/06/28 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第34号)
  • 2012/05/31 (Thu) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第33号)
  • 2012/04/26 (Thu) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第32号)
  • 2012/03/22 (Thu) 16:30
    Kotto Law メールマガジン(第31号)
  • 2012/02/27 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第30号)
  • 2012/01/26 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第29号)
  • 2011/12/14 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第28号)
  • 2011/11/07 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第27号)
  • 2011/09/30 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第26号)
  • 2011/08/31 (Wed) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第25号)
  • 2011/07/29 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第24号)
  • 2011/06/30 (Thu) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第23号)
  • 2011/05/30 (Mon) 17:00
    Kotto Law メールマガジン(第22号)
  • 2011/04/14 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第21号)
  • 2011/03/03 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第20号)
  • 2011/01/14 (Fri) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第19号)
  • 2010/11/30 (Tue) 16:39
    Kotto Law メールマガジン(第18号)
  • 2010/10/27 (Wed) 15:48
    Kotto Law メールマガジン(第17号)
  • 2010/09/29 (Wed) 14:38
    Kotto Law メールマガジン(第16号)
  • 2010/08/24 (Tue) 16:07
    Kotto Law メールマガジン(第15号)
  • 2010/07/14 (Wed) 13:29
    Kotto Law メールマガジン(第14号)
  • 2010/06/16 (Wed) 17:30
    Kotto Law メールマガジン(第13号)
  • 2010/05/21 (Fri) 16:33
    Kotto Law メールマガジン(第12号)
  • 2010/04/07 (Wed) 17:21
    Kotto Law メールマガジン(第11号)
  • 2010/03/19 (Fri) 11:38
    Kotto Law メールマガジン(第10号)
  • 2010/02/05 (Fri) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第9号)
  • 2010/01/15 (Fri) 13:25
    Kotto Law メールマガジン(第8号)
  • 2009/12/18 (Fri) 11:48
    Kotto Law メールマガジン(第7号)
  • 2009/11/06 (Fri) 16:50
    Kotto Law メールマガジン(第6号)
  • 2009/09/10 (Thu) 14:16
    Kotto Law メールマガジン(第5号)
  • 2009/07/31 (Fri) 08:50
    Kotto Law メールマガジン(第4号)
  • 2009/05/29 (Fri) 17:24
    Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト
  • 2009/03/23 (Mon) 17:19
    Kotto Law メールマガジン(第2号)
  • 2009/02/16 (Mon) 10:32
    Kotto Law メールマガジン(創刊号)

Kotto Law メールマガジン(第38号)

2012/10/24 (Wed) 11:30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 骨董通り法律事務所 Kotto Law メールマガジン □■
■□ 第38号 □■ 2012.10.24 http://www.kottolaw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋の花粉症の影響でぼーっとしていたら、もう年賀状の販売のチラシが届きました。
改めて考えると今年もあと2か月と少ししかありません。
毎年クリスマスを過ぎてから慌てて年賀状を書く自分を反省し、今年こそ早めに準備をして
ゆっくりと年末を過ごしたいと思っている今日この頃ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
メルマガ第38号をお届けいたします。

□INDEX□

 1.講演・出演等のご案内
 2.執筆記事・著書等のご案内
 3.リレー連載: 第14回
   (「ファッション写真の著作権」 桑野雄一郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 1.講演・出演等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2012年10月1日及び3日 福井健策のダウンロード刑罰化についてのコメントが、
NHK「おはよう日本」及び「お元気ですか日本列島」にて放送されました。

(2) 2012年10月3日 福井健策が、慶應義塾大学にて
「情報社会における知的財産権の光と影」と題する講演を行いました(学生対象)。
(http://open-learning.ice.keio.ac.jp/talks/fukui-kensaku-20121003/)

(3) 2012年10月2日 福井健策がNHKラジオ「私も一言!夕方ニュース」に出演し、
今回の著作権法改正について解説しました。
(http://cgi2.nhk.or.jp/hitokoto/bbs/form2.cgi?cid=1&pid=16809&pgc=0&vc=20)

(4) 2012年10月10日 福井健策がFM NACK5「夕焼けSHUTTLE」に出演し、
ダウンロード刑罰化について解説しました。
(http://www.fm795.com/pc/blog/937/201210.php#eid20121010163109)

(5) 2012年10月16日 TBSニュースバード「ニュースの視点」(CS)に
福井健策が出演し、改正著作権法について解説しました。

(6) 2012年10月18日 福井健策が著作権情報センター(CRIC)主催「著作権研究会」にて、
『「ネットの自由」vs.著作権』と題する講演を行いました(一般公開)。
(http://www.cric.or.jp/seminar/seminar1210.pdf)

(7) 2012年11月10日 福井健策が東京藝術大学千住キャンパスにおいて、日本音響学会・
日本音楽知覚認知学会共催にて、「音楽研究における著作権処理について
~研究・教育目的でどこまでできるか?」と題する招待講演をおこないます
(事前登録制)。
(http://musical-acoustics.org/2012/09/28/201211program/)

(8) 2012年11月22日 福井健策が、早稲田大学にて「プロデューサー特論」
と題する全学共通講義に登壇します(学生対象)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 2.執筆記事・著書等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2012年9月30日 東京新聞朝刊に、「次の主戦場はTPP政府のネット規制」
と題する福井健策へのインタビュー記事が掲載されました。

(2) 日本私立大学連盟の発行誌「大学時報」第346号に、北澤尚登の執筆した
「平成24年著作権法改正と大学への影響」が掲載されました。
(http://www.shidairen.or.jp/activities/daigakujihou/index_list/no346)

(3) 2012年10月 「ASIAN-MENA COUNSEL」誌『Firms of the Year 2012 Survey』
において、骨董通り法律事務所が、「知的財産権」「通信、メディア&テクノロジー」
の両部門で選出(Honarable Mention)されました。

(4) 2012年10月 諏訪公一が執筆に参加した『インターネット新時代の法律実務Q&A』
が日本加除出版社から出版されました。
(http://www.kajo.co.jp/book/40475000001.html)

(5) 2012年10月1日 より、「週刊アスキー/週アスPLUS」にて、
改正著作権法に関する福井健策へのインタビュー記事が全4回にて連載中です。
(http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/110/110332/)

(6) 2012年10月5日 発売の雑誌「デザインのひきだし」17号に、既発売の書籍の
スピンオフ企画として、松島恵美と諏訪公一が執筆した連載記事
「クリエイターのための法律相談所」 が掲載されました。
(http://www.graphicsha.co.jp/shosai.php?snumber3=1235)

(7) 2012年10月11日 朝日新聞朝刊に、近藤文化庁長官の2期目を伝える記事
に関連して、福井健策のコメントが掲載されました。

(8) 2012年10月18日 雑誌「サイゾー」11月号に、ダウンロード刑罰化など
最近の著作権動向に関する福井健策のコメントが掲載されました。

(9) 2012年10月21日 発売の「ビジネスロー・ジャーナル」(2012年12月号)に、
唐津真美の執筆した「似てる?似てない?著作権侵害の判断の基本」が掲載されました。
(http://www.businesslaw.jp/contents/201212.html)

(10) 2012年10月21日 発売の雑誌「ビジネス法務」(2012年12月号)に、二関辰郎と
諏訪公一の執筆記事 「GREE vs DeNA判決からみる著作権紛争の特徴と著作権管理」
が掲載されした。
(http://www.chuokeizai.co.jp/bjh/201212/201212.html)

※このほか、事務所メンバーの講演・執筆等の情報は下記をご覧ください。
http://www.kottolaw.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 3.リレー連載: 第14回
(「ファッション写真の著作権」 桑野雄一郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

日本において電子書籍の普及をけん引したのは漫画ですが、最近は漫画以外の作品の
電子書籍化も進んできています。ファッション雑誌の電子書籍化も出版社各社が積極的に
取り組もうとしている分野です。

もともと雑誌は、様々な著作者の創作した作品が掲載されていますので、電子書籍化を
するための権利処理は,漫画や小説など比べると少し手間がかかります。出版社各社は、
雑誌に作品を掲載するクリエイターに対して、包括的な覚書や契約書を締結して
この権利処理をしようとしています。

ただ、現在行われている、また行おうとしている権利処理が本当に十分なものなのか、
疑問に感じることも少なくありません。

今回は、ファッション雑誌における重要な作品である写真(ファッション写真)について
考えてみたいと思います。

(全文を読む:http://www.kottolaw.com/column/000464.html)
(メンバーの過去のコラムを読む:http://www.kottolaw.com/column/index.html)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

かなり前に母が文学座プラチナクラスに入ったことを書きました。その後、怪我もなく
無事に7ヵ月間のコースを終え、卒業公演も終えました。

いい思い出になったことだろう、と思っていたら、甘かったようです。

文学座プラチナクラスの卒業生は「プラチナネクスト」なる演劇グループを結成し、
プロの演出家を招いて公演を継続しておりました。
http://www.geocities.jp/ptnext2/index.html

わが母も、先日中目黒キンケロシアターの「どん底」に肉饅頭売りで出演。
観に行きましたが、自分の親が出る芝居を見るのはどうも落ち着かないものです。

ただ、演出もさすがで、思っていたよりはるかによい作品に仕上がっていました。
様子をみると、不動産会社の社長さん、学校の先生、主婦など、様々なバック
グラウンドの方に囲まれ、なかなか楽しそうでした。

幸せな老後です。
なお、本人は死ぬまでにマクベス夫人を演じてみたいようです。
女優としては当然の夢かもしれませんが、どう考えても魔女しか無理でしょう。。。
(桑)

■ 本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、
法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。

■ 本メールマガジンのバックナンバーは
https://s.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=kottolaw&no=allをご覧下さい。

■ 本メールマガジンの配信申込・登録事項の変更は
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kottolawより。

■ 本メールマガジンは、配信申込をされた方、当事務所のメンバーと
お付き合いのある方等に近況報告や情報提供のためにお送りしております。
ご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信ください。
(上記配信申込サイトからも配信解除をすることができます。)

■ 上記以外の、法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても、一切
対応できません。

-------------------------------------------------------------------
骨董通り法律事務所
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
-------------------------------------------------------------------