バックナンバー

  • 2017/05/25 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第87号)
  • 2017/04/27 (Thu) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第86号)
  • 2017/03/24 (Fri) 09:00
    Kotto Law メールマガジン(第85号)
  • 2017/02/24 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第84号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第83号)
  • 2016/12/07 (Wed) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第82号)
  • 2016/10/27 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第81号)
  • 2016/09/27 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第80号)
  • 2016/08/24 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第79号)
  • 2016/07/26 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第78号)
  • 2016/06/29 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第77号)
  • 2016/05/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第76号)
  • 2016/04/27 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第75号)
  • 2016/03/24 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第74号)
  • 2016/02/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第73号)
  • 2016/01/21 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第72号)
  • 2015/12/04 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第71号)
  • 2015/10/28 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第70号)
  • 2015/09/30 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第69号)
  • 2015/08/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第68号)
  • 2015/07/16 (Thu) 12:01
    Kotto Law メールマガジン(第67号)
  • 2015/06/02 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第66号)
  • 2015/04/22 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第65号)
  • 2015/03/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第64号)
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第63号)
  • 2015/01/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第62号)
  • 2014/12/03 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第61号)
  • 2014/11/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第60号)
  • 2014/10/02 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第59号)
  • 2014/09/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第58号)
  • 2014/07/31 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第57号)
  • 2014/06/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第56号)
  • 2014/05/28 (Wed) 11:26
    Kotto Law メールマガジン(第55号)
  • 2014/04/25 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第54号)
  • 2014/03/26 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第53号)
  • 2014/02/28 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第52号)
  • 2014/01/28 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第51号)
  • 2013/11/28 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第50号)
  • 2013/10/24 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第49号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:45
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/08/27 (Tue) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第47号)
  • 2013/07/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第46号)
  • 2013/06/27 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第45号)
  • 2013/05/29 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第44号)
  • 2013/04/26 (Fri) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第43号)
  • 2013/04/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第42号)
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第41号)
  • 2013/01/30 (Wed) 15:30
    Kotto Law メールマガジン(第40号)
  • 2012/11/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第39号)
  • 2012/10/24 (Wed) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第38号)
  • 2012/09/28 (Fri) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第37号)
  • 2012/08/29 (Wed) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第36号)
  • 2012/07/31 (Tue) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第35号)
  • 2012/06/28 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第34号)
  • 2012/05/31 (Thu) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第33号)
  • 2012/04/26 (Thu) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第32号)
  • 2012/03/22 (Thu) 16:30
    Kotto Law メールマガジン(第31号)
  • 2012/02/27 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第30号)
  • 2012/01/26 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第29号)
  • 2011/12/14 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第28号)
  • 2011/11/07 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第27号)
  • 2011/09/30 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第26号)
  • 2011/08/31 (Wed) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第25号)
  • 2011/07/29 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第24号)
  • 2011/06/30 (Thu) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第23号)
  • 2011/05/30 (Mon) 17:00
    Kotto Law メールマガジン(第22号)
  • 2011/04/14 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第21号)
  • 2011/03/03 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第20号)
  • 2011/01/14 (Fri) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第19号)
  • 2010/11/30 (Tue) 16:39
    Kotto Law メールマガジン(第18号)
  • 2010/10/27 (Wed) 15:48
    Kotto Law メールマガジン(第17号)
  • 2010/09/29 (Wed) 14:38
    Kotto Law メールマガジン(第16号)
  • 2010/08/24 (Tue) 16:07
    Kotto Law メールマガジン(第15号)
  • 2010/07/14 (Wed) 13:29
    Kotto Law メールマガジン(第14号)
  • 2010/06/16 (Wed) 17:30
    Kotto Law メールマガジン(第13号)
  • 2010/05/21 (Fri) 16:33
    Kotto Law メールマガジン(第12号)
  • 2010/04/07 (Wed) 17:21
    Kotto Law メールマガジン(第11号)
  • 2010/03/19 (Fri) 11:38
    Kotto Law メールマガジン(第10号)
  • 2010/02/05 (Fri) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第9号)
  • 2010/01/15 (Fri) 13:25
    Kotto Law メールマガジン(第8号)
  • 2009/12/18 (Fri) 11:48
    Kotto Law メールマガジン(第7号)
  • 2009/11/06 (Fri) 16:50
    Kotto Law メールマガジン(第6号)
  • 2009/09/10 (Thu) 14:16
    Kotto Law メールマガジン(第5号)
  • 2009/07/31 (Fri) 08:50
    Kotto Law メールマガジン(第4号)
  • 2009/05/29 (Fri) 17:24
    Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト
  • 2009/03/23 (Mon) 17:19
    Kotto Law メールマガジン(第2号)
  • 2009/02/16 (Mon) 10:32
    Kotto Law メールマガジン(創刊号)

Kotto Law メールマガジン(第41号)

2013/02/28 (Thu) 13:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 骨董通り法律事務所 Kotto Law メールマガジン □■
■□ 第41号 □■ 2013.2.28 http://www.kottolaw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寒さも和らいで、春も遠からじ、と思ったら、どっこいまだまだ寒波も負けていないようで、
東京でも何度か雪が舞いました。2月も今日で終わり。世間は、というより酒飲みは
送別会や花見のスケジュール調整にそわそわしている今日この頃ですが、皆さまいかが
お過ごしでしょうか。
メルマガ第41号をお届けいたします。

□INDEX□

1.講演・出演等のご案内
2.執筆記事・著書等のご案内
3.リレー連載: 第17回
(「報道機関による投稿コンテンツの利用について考える」 松島恵美)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 1.講演・出演等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2013年2月14日 福井健策が、文部科学省において「脚本アーカイブズは
「誰のため」「何のため」? ―『記憶』を『記録』し、構想する」
と題するシンポジウムにパネリストとして登壇しました
(日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム主催。一般公開)。
( http://www.nkac.jp/ )

(2) 2013年2月16日 福井健策が、NHKニュースにて
映画盗撮及び違法アップロードについてコメントしました。

(3) 2013年2月19日 松島恵美が、SSK(新社会システム総合研究所)主催の
「著作権&知的財産戦略特別セミナー」にて、
「放送コンテンツの海外展開に係る法的留意点~コンテンツ海外展開
における契約実務の先端、権利処理を徹底解説~」と題するセミナーを
行いました(一般公開)。

(4) 2013年2月19日 福井健策が、NHK視点・論点に『アーカイブ立国をめざせ』
とのテーマで出演しました(4:20~@NHK総合、13:50~@ETV)。
( http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/147647.html )

(5) 2013年2月19日 福井健策が、NHKクローズアップ現代
『パロディは文化?それとも違法?~問われる社会の“懐の深さ”~』に
出演しました(19:30~@NHK総合)。
( http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3312.html )

(6) 2013年2月21日 福井健策が、NHKラジオ「私も一言!夕方ニュース」に、
電子書籍及びデジタルアーカイブ推進をテーマに出演しました。

(7) 2013年2月22日 福井健策が、大分文化会館において
「市民のための著作権講座」と題する一般向けの講演を行いました
(著作権情報センター主催。一般公開)。
 ( http://bit.ly/X5tGa0 )[PDF:1.86MB]

(8) 2013年2月26日 福井健策がJ-WAVE「JAM THE WORLD」に出演し、
著作権の戦時加算問題についてコメントしました。

(9) 2013年3月4日 福井健策がCS朝日ニュースター「ニュースの深層」に出演し、
最近の著作権の話題について解説します(放送20時~)。
( http://www.tv-asahi.co.jp/newstar/contents/newsnoshinso/ )

(10) 2013年3月7日 福井健策が、日本書籍出版協会において、
電子書籍配信契約の基本ポイントと動向について講演を行います(会員対象)。

(11) 2013年3月12日 福井健策が、「schoo ウェブ講義:
ビジネス・ネット・日常生活の著作権」とのタイトルで、
ネットの公開講義を行います。
( http://schoo.jp/class/82 )

(12) 2013年3月16日 福井健策が、日本弁理士会において、
最近の著作権法改正とTPP知財問題について講演を行います(会員対象)。

(13) 2013年3月28日 唐津真美が委員長を務める第一東京弁護士会
法教育委員会が、【中学生(現中1~中3)対象】春やすみジュニアロースクールを
開催いたします(一般公開)。
( http://www.ichiben.or.jp/news/oshirase2012/event2012/post-235.html )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 2.執筆記事・著書等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2013年1月31日 R25ウェブ版のパブリックドメイン(著作権切れ)
に関する記事に福井健策のコメントが掲載されました。
 ( http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20130131-00028117-r25 )

(2) 2013年2月1日 東京都消費生活総合センター「東京くらしねっと」2月号に
「知っておきたい著作権のこと」と題する諏訪公一の記事が掲載されました。
 ( http://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/kurashi/1302/wadai.html )

(3) 2013年2月1日より、福井健策が主査を務める文化庁の
電子書籍実証実験の一環として、紀伊国屋書店BookWeb上にて
国会図書館のデジタル化資料を利用した、「文化庁eBooks」の
無料配信がはじまります。(3月3日まで。同プロジェクトは、多数の
全国紙・放送・ネットメディアにおいて報道されました。)
 ( http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/ebooks_130129.pdf )[715KB]

※このほか、事務所メンバーの講演・執筆等の情報は下記をご覧ください。
http://www.kottolaw.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 3.リレー連載: 第17回
(「報道機関による投稿コンテンツの利用について考える」 松島恵美)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

今年1月中旬、報道機関が第三者のツイッター上の写真を無断利用したことが
著作権侵害とされた、という米国の裁判のニュースが流れました。
このニュースに対して、報道機関は、報道目的のためであれば第三者の著作物を
許諾なく利用できるのでは? と考えた方も多かったのではないでしょうか。
そこで、今回のコラムでは、この米国判決を紹介し、あわせて日本の著作権法に
基づく報道機関によるソーシャルメディア投稿コンテンツの利用について
考えてみたいと思います。

(全文を読む: http://www.kottolaw.com/column/000509.html )
(メンバーの過去のコラムを読む:http://www.kottolaw.com/column/index.html )

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

当事務所のすぐ近くに、Body&Soulという老舗のジャズクラブがあります。
http://www.bodyandsoul.co.jp/

初めてこのお店に入ったのは約20年前。先日引退した大西順子のライブでした。
お客さんはおじさんばかり。ジャズクラブ初体験の私は、そのおじさんが演奏中に
発する声に驚いたものです。

外国のライブ演奏で聞こえてくる「Yeh」ではなく、明らかに日本語の

  いえい
  いえ~ぁ
  おーいえぇい

なんじゃこりゃ、と不思議に思ったものです。

あれから20年。思わず「いえい」が口から出てしまう自分に気づいては、おじさん
になったことをしみじみ感じる今日この頃です。

ちなみに、クラシックのコンサート、オペラ、バレエの公演での「ぶらぼぉ」はいまだに
恥ずかしくて言えません。パフォーマーも観客も全員が日本人でも「ぶらぼぉ」、
ゲルギエフ&マリインスキー劇場でも「はらしょー」ではなく「ぶらぼぉ」なのはなぜでしょう。

「ぶらぼぉ」がいつ頃から定着したのか、ご存知の方がいらしたら教えてください。
(桑)

■ 本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、
法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。

■ 本メールマガジンのバックナンバーは
https://s.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=kottolaw&no=allをご覧下さい。

■ 本メールマガジンの配信申込・登録事項の変更は
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kottolawより。

■ 本メールマガジンは、配信申込をされた方、当事務所のメンバーと
お付き合いのある方等に近況報告や情報提供のためにお送りしております。
ご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信ください。
(上記配信申込サイトからも配信解除をすることができます。)

■ 上記以外の、法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても、一切
対応できません。

-------------------------------------------------------------------
骨董通り法律事務所
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
-------------------------------------------------------------------