バックナンバー

  • 2017/05/25 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第87号)
  • 2017/04/27 (Thu) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第86号)
  • 2017/03/24 (Fri) 09:00
    Kotto Law メールマガジン(第85号)
  • 2017/02/24 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第84号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第83号)
  • 2016/12/07 (Wed) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第82号)
  • 2016/10/27 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第81号)
  • 2016/09/27 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第80号)
  • 2016/08/24 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第79号)
  • 2016/07/26 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第78号)
  • 2016/06/29 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第77号)
  • 2016/05/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第76号)
  • 2016/04/27 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第75号)
  • 2016/03/24 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第74号)
  • 2016/02/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第73号)
  • 2016/01/21 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第72号)
  • 2015/12/04 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第71号)
  • 2015/10/28 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第70号)
  • 2015/09/30 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第69号)
  • 2015/08/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第68号)
  • 2015/07/16 (Thu) 12:01
    Kotto Law メールマガジン(第67号)
  • 2015/06/02 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第66号)
  • 2015/04/22 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第65号)
  • 2015/03/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第64号)
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第63号)
  • 2015/01/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第62号)
  • 2014/12/03 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第61号)
  • 2014/11/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第60号)
  • 2014/10/02 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第59号)
  • 2014/09/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第58号)
  • 2014/07/31 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第57号)
  • 2014/06/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第56号)
  • 2014/05/28 (Wed) 11:26
    Kotto Law メールマガジン(第55号)
  • 2014/04/25 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第54号)
  • 2014/03/26 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第53号)
  • 2014/02/28 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第52号)
  • 2014/01/28 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第51号)
  • 2013/11/28 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第50号)
  • 2013/10/24 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第49号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:45
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/08/27 (Tue) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第47号)
  • 2013/07/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第46号)
  • 2013/06/27 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第45号)
  • 2013/05/29 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第44号)
  • 2013/04/26 (Fri) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第43号)
  • 2013/04/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第42号)
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第41号)
  • 2013/01/30 (Wed) 15:30
    Kotto Law メールマガジン(第40号)
  • 2012/11/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第39号)
  • 2012/10/24 (Wed) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第38号)
  • 2012/09/28 (Fri) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第37号)
  • 2012/08/29 (Wed) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第36号)
  • 2012/07/31 (Tue) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第35号)
  • 2012/06/28 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第34号)
  • 2012/05/31 (Thu) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第33号)
  • 2012/04/26 (Thu) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第32号)
  • 2012/03/22 (Thu) 16:30
    Kotto Law メールマガジン(第31号)
  • 2012/02/27 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第30号)
  • 2012/01/26 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第29号)
  • 2011/12/14 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第28号)
  • 2011/11/07 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第27号)
  • 2011/09/30 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第26号)
  • 2011/08/31 (Wed) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第25号)
  • 2011/07/29 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第24号)
  • 2011/06/30 (Thu) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第23号)
  • 2011/05/30 (Mon) 17:00
    Kotto Law メールマガジン(第22号)
  • 2011/04/14 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第21号)
  • 2011/03/03 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第20号)
  • 2011/01/14 (Fri) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第19号)
  • 2010/11/30 (Tue) 16:39
    Kotto Law メールマガジン(第18号)
  • 2010/10/27 (Wed) 15:48
    Kotto Law メールマガジン(第17号)
  • 2010/09/29 (Wed) 14:38
    Kotto Law メールマガジン(第16号)
  • 2010/08/24 (Tue) 16:07
    Kotto Law メールマガジン(第15号)
  • 2010/07/14 (Wed) 13:29
    Kotto Law メールマガジン(第14号)
  • 2010/06/16 (Wed) 17:30
    Kotto Law メールマガジン(第13号)
  • 2010/05/21 (Fri) 16:33
    Kotto Law メールマガジン(第12号)
  • 2010/04/07 (Wed) 17:21
    Kotto Law メールマガジン(第11号)
  • 2010/03/19 (Fri) 11:38
    Kotto Law メールマガジン(第10号)
  • 2010/02/05 (Fri) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第9号)
  • 2010/01/15 (Fri) 13:25
    Kotto Law メールマガジン(第8号)
  • 2009/12/18 (Fri) 11:48
    Kotto Law メールマガジン(第7号)
  • 2009/11/06 (Fri) 16:50
    Kotto Law メールマガジン(第6号)
  • 2009/09/10 (Thu) 14:16
    Kotto Law メールマガジン(第5号)
  • 2009/07/31 (Fri) 08:50
    Kotto Law メールマガジン(第4号)
  • 2009/05/29 (Fri) 17:24
    Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト
  • 2009/03/23 (Mon) 17:19
    Kotto Law メールマガジン(第2号)
  • 2009/02/16 (Mon) 10:32
    Kotto Law メールマガジン(創刊号)

Kotto Law メールマガジン(第46号)

2013/07/29 (Mon) 13:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 骨董通り法律事務所 Kotto Law メールマガジン □■
■□ 第46号 □■ 2013.7.29 http://www.kottolaw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子供たちは夏休みに突入し、甲子園の予選も佳境に入り、いよいよ
本格的な夏到来です。東京では猛暑と豪雨の毎日が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
メルマガ第46号をお届けします。

□INDEX□

 1.講演・出演等のご案内
 2.執筆記事・著書等のご案内
 3.リレー連載: 第27回
  (「実演家の権利について再確認してみよう
    - 北京条約を契機に【後編】」   唐津真美)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 1.講演・出演等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2013年6月28日 第9回学術情報ソリューションセミナー in 東京にて、福井健策が
「パロディ・二次創作・オープンコンテンツと、デジタル時代の著作権」
と題する講演を行いました。
( http://www.sunmedia.co.jp/information/2013solution_tokyo.pdf )

(2) 2013年6月29日 福井健策が、『日本はTPPをどう交渉すべきか ?
「死後70年」「非親告罪化」は文化を豊かに、経済を強靭にするのか?』
と題するシンポジウムに登壇しました。
シンポの模様はニコニコ動画「ネットの羅針盤」として中継されました。
( http://thinktppip.jp/ )

(3) 2013年7月3日 第20回東京国際ブックフェアにて、福井健策が
「電子出版の著作権と契約2013 ~日本の選択:出版社のライツ問題と
デジタルアーカイブ戦略」と題する講演を行いました。この模様が、
7月9日付朝日新聞夕刊ほかにて報道されました。
( http://www.bookfair.jp/Conference/seminar-event02/EB/#EB-1 )

(4) 2013年7月12日、福井健策が、日本弁理士会研修所において、
「著作権の今を俯瞰する ~最近の改正、出版権拡張、TPPの影響」
と題する講義を行いました(東京。大阪・名古屋は中継)。

(5) 2013年7月19日 福井健策が、日本楽譜出版協会において、
『デジタル時代の出版社の権利 ~「出版権の拡大」をめぐって~』
と題する講演を行いました。

(6) 2013年7月23日 SOFTIC主催「出版者の権利のあり方を考える
-電子出版権等-」と題するシンポジウムにて、福井健策が、
基調講演及びパネル登壇いたしました。
( http://www.softic.or.jp/seminar/130723/index.htm )

(7) 2013年8月21日 唐津真美が委員長を務める第一東京弁護士会法教育委員会が
【小学5・6年生対象】夏やすみ子ども法律学校を開催いたします(一般公開)。
( http://www.ichiben.or.jp/news/oshirase2013/event2013/82156.html )

(8) 2013年9月6日 福井健策が、大宮ソニックシティにて、
「市民のための著作権講座」と題する講演を行います(一般公開)。
( http://www.cric.or.jp/seminar/doc/h25shimin-saitama.pdf )[PDF/1.23MB]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 2.執筆記事・著書等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 福井健策が登壇した2013年6月29日のシンポジウムの模様が、
下記ニュースサイトなどに掲載されました。
(7/1付 Internet Watch: http://bit.ly/11TxLoX )
(7/4付 Yahoo News/弁護士ドットコム: http://bit.ly/14P0pWM )
(7/17付 Yahoo News/弁護士ドットコム:http://bit.ly/15mipZ5 )

(2) 2013年7月3日 福井健策が主査をつとめた「文化庁eBooksプロジェクト」
(電子書籍の流通と利用の円滑化に関する実証実験)の報告書が、
同庁HPにアップされました。
( http://www.bunka.go.jp/chosakuken/jikken/pdf/h24_hokokusyo.pdf )

(3) 「月刊MdN」で、弊所の連載「デザイナーのための著作権と法律講座」が
スタートしました(書籍版・電子版で発売)。2013年8月号(7月6日発売)
には、諏訪公一執筆の「第1講 守られる情報とフリーな情報の境界線」
が掲載されました。
( http://www.mdn.co.jp/di/MdN/ )

(4) 2013年7月6日 日大芸術学部での、福井健策と津田大介・岸田繁(くるり)
のトークが、「津田メルマガ」に全文掲載されました。
( http://tsuda.ru/ )

(5) 2013年7月12日 福井健策がTV東京「たけしのニッポンのミカタ!」の
TPP特集に出演し、コメントしました。

(6) 2013年7月18日 産経新聞朝刊において、福井健策が、参院選の争点と
TPP知財分野の交渉についてコメントしました。

(7) 2013年7月24日 INTERNET Watchに、『著作権「死後70年」「非親告罪化」
TPP米国要求に日本はどう対応すべきか』と題する福井健策の対談記事が
掲載されました。
( http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20130724_608794.html )

(8) 2013年7月25日 朝日新聞朝刊において、福井健策が、
電子書籍の価格破壊の影響についてコメントしました。
( http://t.asahi.com/bvc8 )

(9) 2013年7月28日 Y!ニュース記事『人気キャラの「中の人」はおじさん!?
夢を壊された子どもは慰謝料請求できる?(弁護士ドットコム)』に、
唐津真美の解説が掲載されました。
( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130728-00000619-bengocom-life )

※このほか、事務所メンバーの講演・執筆等の情報は下記をご覧ください。
http://www.kottolaw.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 3.リレー連載: 第27回
(「実演家の権利について再確認してみよう
   - 北京条約を契機に【後編】」   唐津真美)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

前編から少し時間が経ってしまいましたが、今回は、コラム前編で紹介した
「視聴覚実演に関する北京条約」(Beijing Treaty on Audiovisual Performances)
(http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/kokusai/h24_02/pdf/siryou1_1.pdf)
の具体的な中身を見ていきます。
北京条約の締約国は、他の締約国の実演家に対して条約に規定される保護を
与えなければならず、また自国の法制に従い、条約の適用を確保するために必要な
措置を定めることが求められています。スペースの関係上、条約の全条文を
解説することは難しいので、本コラムでは、日本が北京条約に加盟するにあたり
何が問題になりうるのかという視点から、国内法との整合性の検討を中心に
したいと思います。

(全文を読む: http://www.kottolaw.com/column/000589.html )
(【前編】を読む: http://www.kottolaw.com/column/000547.html )
(メンバーの過去のコラムを読む:http://www.kottolaw.com/column/index.html )


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

ビヤガーデンと言えば飲み放題。最近は低価格化が進み、かなりお手軽に
生ビールが楽しめるようになりました。
となると今度は食べ放題もついて、どこまで値段が下がるか。。。
と思っていたら、ありました。「ふくおか会館」
http://www.sky-hotel.jp/fukuoka/event/2013beergarden/
なんと、飲み放題食べ放題でネット予約だと4000円ポッキリです。
先日初挑戦し、緑に囲まれて何とも涼しい環境で飲むビールを満喫しました。

全く関係ありませんが、私のカラオケの定番は「ヨーデル食べ放題」。
お聞きになりたい方はいつでもお誘いください。
(桑)


■ 本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、
法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。

■ 本メールマガジンのバックナンバーは
https://s.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=kottolaw&no=allをご覧下さい。

■ 本メールマガジンの配信申込・登録事項の変更は
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kottolawより。

■ 本メールマガジンは、配信申込をされた方、当事務所のメンバーと
お付き合いのある方等に近況報告や情報提供のためにお送りしております。
ご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信ください。
(上記配信申込サイトからも配信解除をすることができます。)

■ 上記以外の、法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても、一切
対応できません。

-------------------------------------------------------------------
骨董通り法律事務所
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
-------------------------------------------------------------------