バックナンバー

  • 2017/04/27 (Thu) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第86号)
  • 2017/03/24 (Fri) 09:00
    Kotto Law メールマガジン(第85号)
  • 2017/02/24 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第84号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第83号)
  • 2016/12/07 (Wed) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第82号)
  • 2016/10/27 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第81号)
  • 2016/09/27 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第80号)
  • 2016/08/24 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第79号)
  • 2016/07/26 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第78号)
  • 2016/06/29 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第77号)
  • 2016/05/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第76号)
  • 2016/04/27 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第75号)
  • 2016/03/24 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第74号)
  • 2016/02/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第73号)
  • 2016/01/21 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第72号)
  • 2015/12/04 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第71号)
  • 2015/10/28 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第70号)
  • 2015/09/30 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第69号)
  • 2015/08/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第68号)
  • 2015/07/16 (Thu) 12:01
    Kotto Law メールマガジン(第67号)
  • 2015/06/02 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第66号)
  • 2015/04/22 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第65号)
  • 2015/03/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第64号)
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第63号)
  • 2015/01/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第62号)
  • 2014/12/03 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第61号)
  • 2014/11/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第60号)
  • 2014/10/02 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第59号)
  • 2014/09/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第58号)
  • 2014/07/31 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第57号)
  • 2014/06/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第56号)
  • 2014/05/28 (Wed) 11:26
    Kotto Law メールマガジン(第55号)
  • 2014/04/25 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第54号)
  • 2014/03/26 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第53号)
  • 2014/02/28 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第52号)
  • 2014/01/28 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第51号)
  • 2013/11/28 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第50号)
  • 2013/10/24 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第49号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:45
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/08/27 (Tue) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第47号)
  • 2013/07/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第46号)
  • 2013/06/27 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第45号)
  • 2013/05/29 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第44号)
  • 2013/04/26 (Fri) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第43号)
  • 2013/04/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第42号)
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第41号)
  • 2013/01/30 (Wed) 15:30
    Kotto Law メールマガジン(第40号)
  • 2012/11/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第39号)
  • 2012/10/24 (Wed) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第38号)
  • 2012/09/28 (Fri) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第37号)
  • 2012/08/29 (Wed) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第36号)
  • 2012/07/31 (Tue) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第35号)
  • 2012/06/28 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第34号)
  • 2012/05/31 (Thu) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第33号)
  • 2012/04/26 (Thu) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第32号)
  • 2012/03/22 (Thu) 16:30
    Kotto Law メールマガジン(第31号)
  • 2012/02/27 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第30号)
  • 2012/01/26 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第29号)
  • 2011/12/14 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第28号)
  • 2011/11/07 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第27号)
  • 2011/09/30 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第26号)
  • 2011/08/31 (Wed) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第25号)
  • 2011/07/29 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第24号)
  • 2011/06/30 (Thu) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第23号)
  • 2011/05/30 (Mon) 17:00
    Kotto Law メールマガジン(第22号)
  • 2011/04/14 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第21号)
  • 2011/03/03 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第20号)
  • 2011/01/14 (Fri) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第19号)
  • 2010/11/30 (Tue) 16:39
    Kotto Law メールマガジン(第18号)
  • 2010/10/27 (Wed) 15:48
    Kotto Law メールマガジン(第17号)
  • 2010/09/29 (Wed) 14:38
    Kotto Law メールマガジン(第16号)
  • 2010/08/24 (Tue) 16:07
    Kotto Law メールマガジン(第15号)
  • 2010/07/14 (Wed) 13:29
    Kotto Law メールマガジン(第14号)
  • 2010/06/16 (Wed) 17:30
    Kotto Law メールマガジン(第13号)
  • 2010/05/21 (Fri) 16:33
    Kotto Law メールマガジン(第12号)
  • 2010/04/07 (Wed) 17:21
    Kotto Law メールマガジン(第11号)
  • 2010/03/19 (Fri) 11:38
    Kotto Law メールマガジン(第10号)
  • 2010/02/05 (Fri) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第9号)
  • 2010/01/15 (Fri) 13:25
    Kotto Law メールマガジン(第8号)
  • 2009/12/18 (Fri) 11:48
    Kotto Law メールマガジン(第7号)
  • 2009/11/06 (Fri) 16:50
    Kotto Law メールマガジン(第6号)
  • 2009/09/10 (Thu) 14:16
    Kotto Law メールマガジン(第5号)
  • 2009/07/31 (Fri) 08:50
    Kotto Law メールマガジン(第4号)
  • 2009/05/29 (Fri) 17:24
    Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト
  • 2009/03/23 (Mon) 17:19
    Kotto Law メールマガジン(第2号)
  • 2009/02/16 (Mon) 10:32
    Kotto Law メールマガジン(創刊号)

Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト

2009/05/29 (Fri) 17:24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 骨董通り法律事務所 Kotto Law メールマガジン □■
■□ 第3号 □■ 2009.5.29 http://www.kottolaw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

半袖のワイシャツ姿の方も目に留まるようになって参りました。少しずつ夏の気配も
感じられるようになってきた昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか。
少しご無沙汰のメルマガ第3号をお届けいたします。

□INDEX□
 1.執筆記事のご案内
 2.講演等のご案内
 3.サマー・インターン募集のご案内
 4.リレー連載:ビジネス&IT Lawの法務 第2回
  (「そのメルマガ、大丈夫ですか?―特定電子メール法の改正」唐津真美)
 5.リレー連載:知財、メディア&アートの法務 第3回
  (「著作権法改正案の概要(第1回)」桑野雄一郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 1.執筆記事のご案内
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 4月24日発売の講談社ムック「ダンスタイム」に、桑野雄一郎が監修した
  記事「ダンス音楽の著作権Q&A」が掲載されました。
  ( http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=3793443 )

(2) 5月26日発売の岩波書店『思想』6月号に、福井健策の「『グーグル裁判』
  の波紋と本の未来」と題する論考が掲載されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 2.講演等のご案内
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 5月28日 NHK教育テレビ 「視点・論点」 に、福井健策が「グーグルの挑戦」
  と題して出演いたしました。

(2) 5月29日、名古屋国際センターにて、福井健策が「市民のための著作権講座」
  と題するセミナーをおこないました。
 ((社)著作権情報センター主催:http://www.cric.or.jp/seminar/seminar.html)

(3) 7月10日、東京国際ブックフェアにおいて、福井健策が「出版物のディジタル
  流通の潮流と、岐路に立つ出版社の知財戦略-Googleブック和解をめぐって-」
  と題する講演をおこないます。

※このほか、事務所メンバーの講演・執筆等の情報は下記をご覧ください。
  http://www.kottolaw.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 3.サマー・インターン募集のご案内
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

当事務所では、エンターテインメント法務に興味のあるロースクールの学生に、
就業体験の機会を提供いたします(6月19日応募締切)。
詳細は下記をご覧ください。
 http://www.kottolaw.com/recruiting.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 4.リレー連載:ビジネス&IT Lawの法務 第2回
  (「そのメルマガ、大丈夫ですか?―特定電子メール法の改正」唐津真美)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

昨年12月にいわゆる「特定電子メール法」が改正されました。もともと迷惑メール
問題に対応するために制定された法律で、日頃あまりなじみがないかもしれません。
しかし、今回の改正により、メルマガ等の広告・宣伝メールを従来通りの方法で送信
すると違法となる可能性もあり、実は幅広いビジネスに影響を与える法律なのです。

今回の改正箇所を中心に、特定電子メール法について紹介します。
(全文を読む:http://www.kottolaw.com/column_090522_1.html)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

 ■ 5.リレー連載:知財、メディア&アートの法務 第3回
  (「著作権法改正案の概要(第1回)」桑野雄一郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

去る3月10日に、「著作権法の一部を改正する法律案」が閣議決定を経て国会に
提出されています。
また改正か、と思われる方も多いと思いますが、今回の改正案は近年になくかなり
大幅で実務に与える影響も大きいと思われますので、注意が必要です。
この著作権法改正案の概略を2回に分けて紹介いたします。今回はその第1回です。
(全文を読む:http://www.kottolaw.com/column_090521_1.html)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【既報】
■ 福井健策が編者をつとめる『エンタテインメントと著作権』シリーズが完結しました。
  第1巻 福井健策・二関辰郎「ライブ・エンタテインメントの著作権」
    http://www.cric.or.jp/book/library2/enter.html
  第2巻 内藤篤・升本喜郎「映画・ゲームビジネスの著作権」
    http://www.cric.or.jp/book/library2/movie.html
  第3巻 前田哲男・谷口元「音楽ビジネスの著作権」
    http://www.cric.or.jp/book/library2/music.html
  第4巻 桑野雄一郎「出版・マンガビジネスの著作権」
    http://www.cric.or.jp/book/library2/manga.html
なお、本シリーズはアマゾンには出品しておりませんが、上記サイトにて定価で購入
することができます。アマゾン等のサイトでは一部中古本が定価より高額な価格で
出品されている場合もありますので、ご注意ください。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】
島根大学法科大学院の教授に就任しました。遠いようですが、始発と終発の飛行機を
使えば日帰りする場合でも10時から6時まで研究室で執務する時間を確保することが
できます。OA環境も整っていて、普段と変わらず仕事をこなしています。
縁のない方にとっては印象の薄い山陰地方ですが、風光明媚で海の幸・山の幸
にも恵まれた、すばらしい場所です。
小泉八雲がこの地を愛してやまなかった理由も、一度訪ねてみるとご理解いただける
のではないかと思います。(桑)

それでは、新型インフルエンザが流行っておりますが、ご留意ください!

■ 本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、
  法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。

■ 本メールマガジンのバックナンバーは
  https://s.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=kottolaw&no=allをご覧下さい。  

■ 本メールマガジンの配信申込・登録事項の変更は
  https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kottolawより。

■ 本メールマガジンがご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信
  ください(上記配信申込サイトからも配信解除をすることができます。)。

■ 上記以外の、法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても、一切対応
  できません。

-----------------------------------------------
骨董通り法律事務所
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
-----------------------------------------------