バックナンバー

  • 2017/05/25 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第87号)
  • 2017/04/27 (Thu) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第86号)
  • 2017/03/24 (Fri) 09:00
    Kotto Law メールマガジン(第85号)
  • 2017/02/24 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第84号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第83号)
  • 2016/12/07 (Wed) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第82号)
  • 2016/10/27 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第81号)
  • 2016/09/27 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第80号)
  • 2016/08/24 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第79号)
  • 2016/07/26 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第78号)
  • 2016/06/29 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第77号)
  • 2016/05/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第76号)
  • 2016/04/27 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第75号)
  • 2016/03/24 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第74号)
  • 2016/02/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第73号)
  • 2016/01/21 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第72号)
  • 2015/12/04 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第71号)
  • 2015/10/28 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第70号)
  • 2015/09/30 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第69号)
  • 2015/08/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第68号)
  • 2015/07/16 (Thu) 12:01
    Kotto Law メールマガジン(第67号)
  • 2015/06/02 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第66号)
  • 2015/04/22 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第65号)
  • 2015/03/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第64号)
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第63号)
  • 2015/01/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第62号)
  • 2014/12/03 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第61号)
  • 2014/11/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第60号)
  • 2014/10/02 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第59号)
  • 2014/09/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第58号)
  • 2014/07/31 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第57号)
  • 2014/06/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第56号)
  • 2014/05/28 (Wed) 11:26
    Kotto Law メールマガジン(第55号)
  • 2014/04/25 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第54号)
  • 2014/03/26 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第53号)
  • 2014/02/28 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第52号)
  • 2014/01/28 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第51号)
  • 2013/11/28 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第50号)
  • 2013/10/24 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第49号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:45
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/08/27 (Tue) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第47号)
  • 2013/07/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第46号)
  • 2013/06/27 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第45号)
  • 2013/05/29 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第44号)
  • 2013/04/26 (Fri) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第43号)
  • 2013/04/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第42号)
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第41号)
  • 2013/01/30 (Wed) 15:30
    Kotto Law メールマガジン(第40号)
  • 2012/11/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第39号)
  • 2012/10/24 (Wed) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第38号)
  • 2012/09/28 (Fri) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第37号)
  • 2012/08/29 (Wed) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第36号)
  • 2012/07/31 (Tue) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第35号)
  • 2012/06/28 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第34号)
  • 2012/05/31 (Thu) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第33号)
  • 2012/04/26 (Thu) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第32号)
  • 2012/03/22 (Thu) 16:30
    Kotto Law メールマガジン(第31号)
  • 2012/02/27 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第30号)
  • 2012/01/26 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第29号)
  • 2011/12/14 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第28号)
  • 2011/11/07 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第27号)
  • 2011/09/30 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第26号)
  • 2011/08/31 (Wed) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第25号)
  • 2011/07/29 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第24号)
  • 2011/06/30 (Thu) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第23号)
  • 2011/05/30 (Mon) 17:00
    Kotto Law メールマガジン(第22号)
  • 2011/04/14 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第21号)
  • 2011/03/03 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第20号)
  • 2011/01/14 (Fri) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第19号)
  • 2010/11/30 (Tue) 16:39
    Kotto Law メールマガジン(第18号)
  • 2010/10/27 (Wed) 15:48
    Kotto Law メールマガジン(第17号)
  • 2010/09/29 (Wed) 14:38
    Kotto Law メールマガジン(第16号)
  • 2010/08/24 (Tue) 16:07
    Kotto Law メールマガジン(第15号)
  • 2010/07/14 (Wed) 13:29
    Kotto Law メールマガジン(第14号)
  • 2010/06/16 (Wed) 17:30
    Kotto Law メールマガジン(第13号)
  • 2010/05/21 (Fri) 16:33
    Kotto Law メールマガジン(第12号)
  • 2010/04/07 (Wed) 17:21
    Kotto Law メールマガジン(第11号)
  • 2010/03/19 (Fri) 11:38
    Kotto Law メールマガジン(第10号)
  • 2010/02/05 (Fri) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第9号)
  • 2010/01/15 (Fri) 13:25
    Kotto Law メールマガジン(第8号)
  • 2009/12/18 (Fri) 11:48
    Kotto Law メールマガジン(第7号)
  • 2009/11/06 (Fri) 16:50
    Kotto Law メールマガジン(第6号)
  • 2009/09/10 (Thu) 14:16
    Kotto Law メールマガジン(第5号)
  • 2009/07/31 (Fri) 08:50
    Kotto Law メールマガジン(第4号)
  • 2009/05/29 (Fri) 17:24
    Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト
  • 2009/03/23 (Mon) 17:19
    Kotto Law メールマガジン(第2号)
  • 2009/02/16 (Mon) 10:32
    Kotto Law メールマガジン(創刊号)

Kotto Law メールマガジン(第61号)

2014/12/03 (Wed) 12:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 骨董通り法律事務所 Kotto Law メールマガジン □■
■□ 第61号 □■ 2014.12.3 http://www.kottolaw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とうとう師走に突入してしまいました。師走といっても、今年は師ではなく
立候補者が走り回る年末になりそうです。今回で46回目となる衆議院総選挙ですが、
実は任期満了により行われたのは一回だけ。衆議院の任期って意味があるのかな、
などと考えつつ、新しい手帳を埋め尽くした忘年会のために毎夜奔走する自らの
姿を思う今日この頃ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
今年最後のメルマガ第61号をお届けいたします。

□INDEX□

1.講演・出演等のご案内
2.執筆記事・著書等のご案内
3.当事務所のサポート作品のご紹介
4.リレー連載: 第80回
(「改正著作権法と新しい書協ひな型について」 桑野雄一郎)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 1.講演・出演等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2014年11月13日 福井健策が、民放連報道研修会おいて、
「ネットとジャーナリズム」をテーマに公開トークを行いました。

(2) 2014年11月17日 福井健策が、静岡大学及び静岡舞台芸術センター
(SPAC)共催にて、「舞台芸術と著作権」と題する講義を行いました。

(3) 2014年11月18日 13時から、福井健策が、J-Wave「FM KAMEDA」に出演し、
音楽と法律をテーマにトークいたしました。

(4) 2014年11月20日 福井健策が、『Internet Week 2014』にて、
「クラウド時代の著作権について考える」と題するパネルディスカッションに
登壇しました。
( https://internetweek.jp/program/s12/ )

(5) 2014年11月20日 福井健策が、泉ガーデンカンファレンスにおいて、
「資料の研究・公開と個人情報の利活用ルール」と題する講演を行いました
(人間文化研究機構知的財産セミナー)。

(6) 2014年11月25日 福井健策が、フジTV「ノンストップ!」において、
妖怪ウォッチ詐欺について解説しました。

(7) 2014年11月28日 福井健策が、日本ジャーナリスト教育センター主催で、
「どこからパクリ?どこまでが引用?ネットメディアを巡る著作権問題」
と題する講演を行いました。
( https://www.facebook.com/events/326776357506138/ )

(8) 2014年12月2日 福井健策が、フジTV「スーパーニュース」において、
「妖怪ウォッチ」海賊版の問題について解説しました。 

(9) 2014年12月8日 『アーカイブ立国宣言』の出版を記念して、共同監修者の
吉見俊哉東京大学副学長と福井健策が、ジュンク堂池袋店において、
刊行記念対談を行います(一般公開)。
( https://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=7361 )
また、同月22日 出版記念座談会イベント 第2回「これからのアーカイブ
~若手が語る~」に中川隆太郎が登壇します。
( http://archivesj.net/?p=116 )

(10) 2014年12月18日 中川隆太郎が、『ファッション・ローセミナー
~ファッション・ビジネスの現状とファッション・ローの展望~』
(主催:知的財産教育協会、会場:文化服装学院)にて、
「ファッション・ローを使いこなすために」と題する講演を行います。
( http://ip-edu.org/fl_seminar_20141218 )


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 2.執筆記事・著書等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2014年11月14日 福井健策が監修を務め、中川隆太郎と共に執筆参加した
『アーカイブ立国宣言』(文化資源戦略会議ほか、ポット出版)が
刊行されまました。
( http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0213-9.html )

(2) 2014年11月12日 Yahoo! ニュース記事『「ワンピース」のドル紙幣を
ネットで売って逮捕―なぜ「著作権法違反」なのか?(弁護士ドットコム)』
に、唐津真美の解説が掲載されました。
( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141112-00002274-bengocom-soci )

(3) 2014年11月20日 福井健策と諏訪公一が「知的財産権」項目を執筆した
「現代用語の基礎知識 2015年版」が自由国民社から出版されました。
( http://gendaiyougo.jp/ )

(4) 2014年11月23日 日本経済新聞夕刊に「弁護士・会計士、アートを支える」
と題する、福井健策・永井幸輔らへのインタビュー記事が掲載されました。
( http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79985890R21C14A1EAC000/ )

(5) 2014年11月30日 ハフィントン・ポストに「人気漫画ハイスコアガールは
著作権侵害? 福井健策弁護士は二次創作への影響を懸念」と題する
インタビュー記事が掲載されました。
また、同月27日にも、弁護士ドットコムによる同問題のインタビュー記事が
Yahoo!ニュースなどに掲載されました。
( ハフィントン・ポスト:
http://www.huffingtonpost.jp/2014/11/27/hiscore-girl-copyright_n_6230434.html )
( 弁護士ドットコム: http://www.bengo4.com/topics/2343/ )

(6) 2015年1月6日 福井健策の6冊目の新書『18歳の著作権入門』が、
ちくまプリマー新書から刊行されます。2014年のCNET Japanでの好評連載を、
加筆修正したものです。
( CNET Japan連載: http://japan.cnet.com/sp/copyright_study/ )


※このほか、事務所メンバーの講演・執筆等の情報は下記をご覧ください。
http://www.kottolaw.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 3.当事務所のサポート作品のご紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

当事務所のメンバーがスタッフ参加・サポートした作品を、
最近のイベントなどを中心に一部ご紹介しています。

http://kottolaw.com/works.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 4.リレー連載: 第80回
(「改正著作権法と新しい書協ひな型について」 桑野雄一郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

来年1月から改正著作権法が施行されます。
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/detail/__icsFiles/afieldfile/2014/03/14/1345237_01_1.pdf
(文部科学省「著作権法の一部を改正する法律案の概要」)

既にご存知の方が多いと思いますが、今回の改正の大きなポイントが
電子出版に関する出版権の創設(出版権の拡張)です。
この法改正を受けて、一般社団法人日本書籍出版協会(書協)が、
出版契約書のヒナ型を改訂し、公表しました。
http://www.jbpa.or.jp/publication/contract.html

改正法とヒナ型については、既にセミナー等の様々な場で解説がされて
いますので、重要と思われる点だけ、かいつまんで説明をすることとします。


(全文を読む: http://www.kottolaw.com/column/000904.html )


(メンバーの過去のコラムを読む:
http://www.kottolaw.com/column/index.html )


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

関東と関西の料理の違いはよく話題に出ます。蕎麦・うどん、お雑煮、
ウナギの蒲焼、おでんなどはよく知られていますが、先日TVを見ていたら、

  肉じゃがに入れる肉は、
  関東では豚肉だが関西では牛肉である。

という話題が出ていて、「へぇ」と思いました。全く知りませんでした。
言われてみれば牛肉の入った肉じゃがも食したことがある気がしますが、
生まれも育ちの関東の私にとって真っ先に頭に浮かぶのはやはり豚肉です。

では、松江ではどうかと思い、松江生まれ松江育ちの方に質問をしたところ、

  牛肉を入れますね。
  でも、牛肉は高いから最近作ってませんねぇ。

とのことでした。また、松江の居酒屋で肉じゃがを頼んでみたら、
入っていたのは牛肉でした。

なお、関西出身の方によると、

  大阪では肉=牛肉である。
  だから関東人が「肉まん」と呼ぶ豚肉の入った饅頭は、
  大阪では「豚まん」と呼ぶのである。

とのことでした。

新たな発見をし、何となくスッキリしたのですが、ここで新たな疑問が
わいてきました。

  肉豆腐は?
  肉うどんは?
  肉野菜炒めは?
  肉巻きおにぎりは?

気になります。

なお、全く関係ありませんが、松江駅の駅弁の

 島根牛みそ玉丼(どん)(http://ekiben.gr.jp/win_prod.php?photo_no=689)
 島根豚みそ玉豚(とん)(http://ekiben.gr.jp/win_prod.php?photo_no=777)

はどちらも絶品です。駅弁フェアなどで見かけたらぜひご賞味ください。

次号は来年になります。少し早いですが、皆さまよいお年をお迎えください。
(桑)

■ 本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、
法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。

■ 本メールマガジンのバックナンバーは
https://s.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=kottolaw&no=all
をご覧下さい。

■ 本メールマガジンの配信申込・登録事項の変更は
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kottolaw
より。

■ 本メールマガジンは、配信申込をされた方、当事務所のメンバーと
お付き合いのある方等に近況報告や情報提供のためにお送りしております。
ご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信ください。
(上記配信申込サイトからも配信解除をすることができます。)

■ 上記以外の、法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても、一切
対応できません。

-------------------------------------------------------------------
骨董通り法律事務所
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
-------------------------------------------------------------------