バックナンバー

  • 2017/03/24 (Fri) 09:00
    Kotto Law メールマガジン(第85号)
  • 2017/02/24 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第84号)
  • 2017/01/24 (Tue) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第83号)
  • 2016/12/07 (Wed) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第82号)
  • 2016/10/27 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第81号)
  • 2016/09/27 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第80号)
  • 2016/08/24 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第79号)
  • 2016/07/26 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第78号)
  • 2016/06/29 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第77号)
  • 2016/05/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第76号)
  • 2016/04/27 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第75号)
  • 2016/03/24 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第74号)
  • 2016/02/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第73号)
  • 2016/01/21 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第72号)
  • 2015/12/04 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第71号)
  • 2015/10/28 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第70号)
  • 2015/09/30 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第69号)
  • 2015/08/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第68号)
  • 2015/07/16 (Thu) 12:01
    Kotto Law メールマガジン(第67号)
  • 2015/06/02 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第66号)
  • 2015/04/22 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第65号)
  • 2015/03/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第64号)
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第63号)
  • 2015/01/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第62号)
  • 2014/12/03 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第61号)
  • 2014/11/12 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第60号)
  • 2014/10/02 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第59号)
  • 2014/09/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第58号)
  • 2014/07/31 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第57号)
  • 2014/06/26 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第56号)
  • 2014/05/28 (Wed) 11:26
    Kotto Law メールマガジン(第55号)
  • 2014/04/25 (Fri) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第54号)
  • 2014/03/26 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第53号)
  • 2014/02/28 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第52号)
  • 2014/01/28 (Tue) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第51号)
  • 2013/11/28 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第50号)
  • 2013/10/24 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第49号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:45
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/10/03 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第48号)
  • 2013/08/27 (Tue) 15:00
    Kotto Law メールマガジン(第47号)
  • 2013/07/29 (Mon) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第46号)
  • 2013/06/27 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第45号)
  • 2013/05/29 (Wed) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第44号)
  • 2013/04/26 (Fri) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第43号)
  • 2013/04/04 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第42号)
  • 2013/02/28 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第41号)
  • 2013/01/30 (Wed) 15:30
    Kotto Law メールマガジン(第40号)
  • 2012/11/29 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第39号)
  • 2012/10/24 (Wed) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第38号)
  • 2012/09/28 (Fri) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第37号)
  • 2012/08/29 (Wed) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第36号)
  • 2012/07/31 (Tue) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第35号)
  • 2012/06/28 (Thu) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第34号)
  • 2012/05/31 (Thu) 11:00
    Kotto Law メールマガジン(第33号)
  • 2012/04/26 (Thu) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第32号)
  • 2012/03/22 (Thu) 16:30
    Kotto Law メールマガジン(第31号)
  • 2012/02/27 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第30号)
  • 2012/01/26 (Thu) 12:30
    Kotto Law メールマガジン(第29号)
  • 2011/12/14 (Wed) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第28号)
  • 2011/11/07 (Mon) 10:00
    Kotto Law メールマガジン(第27号)
  • 2011/09/30 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第26号)
  • 2011/08/31 (Wed) 10:30
    Kotto Law メールマガジン(第25号)
  • 2011/07/29 (Fri) 12:00
    Kotto Law メールマガジン(第24号)
  • 2011/06/30 (Thu) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第23号)
  • 2011/05/30 (Mon) 17:00
    Kotto Law メールマガジン(第22号)
  • 2011/04/14 (Thu) 11:30
    Kotto Law メールマガジン(第21号)
  • 2011/03/03 (Thu) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第20号)
  • 2011/01/14 (Fri) 13:00
    Kotto Law メールマガジン(第19号)
  • 2010/11/30 (Tue) 16:39
    Kotto Law メールマガジン(第18号)
  • 2010/10/27 (Wed) 15:48
    Kotto Law メールマガジン(第17号)
  • 2010/09/29 (Wed) 14:38
    Kotto Law メールマガジン(第16号)
  • 2010/08/24 (Tue) 16:07
    Kotto Law メールマガジン(第15号)
  • 2010/07/14 (Wed) 13:29
    Kotto Law メールマガジン(第14号)
  • 2010/06/16 (Wed) 17:30
    Kotto Law メールマガジン(第13号)
  • 2010/05/21 (Fri) 16:33
    Kotto Law メールマガジン(第12号)
  • 2010/04/07 (Wed) 17:21
    Kotto Law メールマガジン(第11号)
  • 2010/03/19 (Fri) 11:38
    Kotto Law メールマガジン(第10号)
  • 2010/02/05 (Fri) 10:45
    Kotto Law メールマガジン(第9号)
  • 2010/01/15 (Fri) 13:25
    Kotto Law メールマガジン(第8号)
  • 2009/12/18 (Fri) 11:48
    Kotto Law メールマガジン(第7号)
  • 2009/11/06 (Fri) 16:50
    Kotto Law メールマガジン(第6号)
  • 2009/09/10 (Thu) 14:16
    Kotto Law メールマガジン(第5号)
  • 2009/07/31 (Fri) 08:50
    Kotto Law メールマガジン(第4号)
  • 2009/05/29 (Fri) 17:24
    Kotto Law メールマガジン(第3号)最終テスト
  • 2009/03/23 (Mon) 17:19
    Kotto Law メールマガジン(第2号)
  • 2009/02/16 (Mon) 10:32
    Kotto Law メールマガジン(創刊号)

Kotto Law メールマガジン(第64号)

2015/03/26 (Thu) 12:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□ 骨董通り法律事務所 Kotto Law メールマガジン □■
■□ 第64号 □■ 2015.3.26 http://www.kottolaw.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4年目の3.11が過ぎ、東京の桜もそろそろ咲き始めるようです。
昼間の寒さはかなり和らぎましたが、夜はまだ肌寒さがあり、個人的にはこの
肌寒さを感じると4年前に歩いて帰宅した夜のことを思い出します。
未だに避難生活を続けている方、仮設住宅で日々を過ごしている方も数多く
おられます。
一日も早い復興を心から願いつつメルマガ第64号をお届けいたします。
そして遂に2年半ぶりの新メンバー公募です。熱いご応募を、お待ちしています。

□INDEX□

1.骨董通り法律事務所・メンバー公募のお知らせ!
2.講演・出演等のご案内
3.執筆記事・著書等のご案内
4.当事務所のサポート作品のご紹介
5.リレー連載: 第83回【出張編】
(「第三者機関を通じたパーソナルデータの保護」 二関辰郎)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 1.骨董通り法律事務所・メンバー公募のお知らせ!【拡散歓迎】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

骨董通り法律事務所では、エンタテインメント・メディア分野で活躍したい
若手~中堅の方を対象に、 2年半ぶりにメンバー弁護士の公募をおこないます。
熱いご応募を、お待ちしております。
【応募締切】 2015年5月9日(土) 書類必着

※詳細情報は、下記をご覧ください。
http://www.kottolaw.com/recruiting.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 2.講演・出演等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2015年3月10日 福井健策が、京都・国際日本文化研究センターにおいて、
「ゼロから学ぶ『疑似著作権』への対応」と題するレクチャーを行いました
(人間文化研究機構主催。関係者対象)。

(2) 2015年3月12日 福井健策が、フジテレビ「とくダネ!」にて、
花柳流後継裁判についてコメントしました。

(3) 2015年3月12日 北澤尚登が、TBSラジオ「荒川強啓デイ・キャッチ!」の
ニュース解説コーナーに電話で生出演し、 著名楽曲『Got to Give it Up』
(マーヴィン・ゲイ)と『Blurred Lines』(ロビン・シック/ファレル・
ウィリアムズ)をめぐる米国の音楽著作権侵害訴訟についてコメントしました。

(4) 2015年3月13日 福井健策が、東京工芸大学中野キャンパスにおいて、
「大学における著作権とのつきあい方」と題する特別講義を行いました
(教員・学生対象)。

(5) 2015年3月13日 福井健策、永井幸輔、中川隆太郎らが参加する
「TPP知財条項への緊急声明」の記者発表がありました。
( http://thinktppip.jp/ )
声明は、NHKニュース・全国紙各紙のほか、多数のメディアで報道されました。
( CNET Japan: http://japan.cnet.com/news/business/35061759/ )
( ITmedia ニュース: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/13/news124.html )
( Internet Watch: http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150313_692735.html )ほか

(6) 2015年3月17日 福井健策が、J-Wave「Jam the World」に電話出演し、
TPPと非親告罪化の現状について解説いたします。

(7) 2015年3月18日 福井健策が、国立国会図書館において、
日本脚本アーカイブズ記念シンポジウムに登壇しました。
( http://www.nkac.jp/ )

(8) 2015年3月24日 福井健策、桑野雄一郎が、明治大学主催のシンポジウム
「著作権・表現の自由・刑事罰」に、パネリスト及び基調講演者として
出演しました(一般公開)。
( http://www.kisc.meiji.ac.jp/~ip/events/ )

(9) 2015年3月30日 唐津真美が委員長を務める第一東京弁護士会
法教育委員会が、【中学1~3年生対象】春やすみジュニアロースクールを
開催いたします(一般公開)。
( http://www.ichiben.or.jp/news/oshirase2014/event2014/330.html )

(10) 2015年4月 日本大学芸術学部での福井健策の全学科講義
「著作権と文化・メディア契約」が開講します。
今期も、森川ジョージ・赤松健(漫画家)、永井愛(劇作家)、
堀義貴(ホリプロ代表取締役)、杉本誠司(ニコニコ動画代表取締役)の
各氏など、多彩なゲストを迎えて開催されます。

(11) 2015年4月14日 福井健策が、東京芸術大学デザイン科において
特別講義を行います(教員・学生対象)。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 3.執筆記事・著書等のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

(1) 2015年3月3日及び3月11日 福井健策、中川隆太郎が取り組む
「アーカイブ法制」について、東京新聞夕刊及び朝日新聞朝刊などに
紹介記事が掲載されました。

(2) 2015年3月8日 Yahoo! ニュース記事『中国のテレビで「アンジャッシュ」
のネタがパクられた!?「コント」の著作権とは?』(弁護士ドットコム)に、
唐津真美の解説が掲載されました。
( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150308-00002776-bengocom-soci )

(3) 2015年3月20日から3回にわたり、ダイヤモンド・オンラインに
「TPPと著作権問題を福井健策弁護士に聞く」と題する長文インタビューが
掲載されました。
( http://diamond.jp/articles/-/68723 )

(4) 2015年3月23日発売のプレジデント誌ほかに、福井健策の新著
『18歳の著作権入門』に関する書評が掲載されました。
( 新著: http://www.amazon.co.jp/dp/4480689281 )
(「企業法務戦士の雑感」: http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20150217/1424193958 )
ほか


※このほか、事務所メンバーの講演・執筆等の情報は下記をご覧ください。
http://www.kottolaw.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 4.当事務所のサポート作品のご紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

当事務所のメンバーがスタッフ参加・サポートした作品を、
最近のイベントなどを中心に一部ご紹介しています。

http://kottolaw.com/works.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

■ 5.リレー連載: 第83回【出張編】
(「第三者機関を通じたパーソナルデータの保護」 二関辰郎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━††

個人情報保護法の改正が、今国会で予定されています。その法改正を準備する
過程で、IT総合戦略本部は2014年6月に「パーソナルデータの利活用に関する
制度改正大綱」を策定しました。その中では、制度執行を確保する第三者機関
の設置が提言されています。この第三者機関について、2014年12月に日弁連の
機関紙『自由と正義』に論文を掲載しました。論文中に紹介したウェブサイト
には、ネットからの方が簡単にリンクで飛べて便利ということもあり、ここに
再掲します。

(全文を読む: http://www.kottolaw.com/column/000946.html )

(メンバーの過去のコラムを読む:
http://www.kottolaw.com/column/index.html )


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【編集後記】

昨年の今ごろ、居酒屋探訪番組をご紹介しましたが、私が好きだった
「酒とつまみと男と女」(酒つま)
http://www.bs-j.co.jp/saketsuma/
は、3月24日の放送が最終回となってしまいました。

最終回では何と吉田類がゲスト出演。「酒場放浪記」はいつも1軒だけ
ですから、2軒目以降の吉田類はとても面白く、
また呑み助のマドンナ倉嶋紀和子にお酌をされながら坂崎重盛と
薀蓄を語る姿も新鮮でした。
毎回欠かさず見ておりましたが、個人的には中尾彬、池波志乃夫妻を
ゲストに迎えて根津界隈を紹介した回が最高でした。
まだまだいいエリアが残っていると思いますが、残念です。
(以上、敬称略)

ちなみに、秋に始まった
「ワカコ酒」
http://www.bs-j.co.jp/wakako_zake/
も、呑兵衛女子が渋いお店で一人酒をするという、
ジジ殺しの可愛らしい番組でしたが、こちらも26日をもって終了。

どちらもBSジャパンの番組です。

低予算でできるのが魅力と思われる居酒屋探訪番組の相次ぐ打ち切り。
もしかしたらBSジャパンの景気がよくなったのか?
とアベノミクスを怨む今日この頃です。
(桑)


■ 本メール中の文章は、全て一般的な情報提供のために掲載するものであり、
法的若しくは専門的なアドバイスを目的とするものではありません。

■ 本メールマガジンのバックナンバーは
https://s.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=kottolaw&no=all
をご覧下さい。

■ 本メールマガジンの配信申込・登録事項の変更は
https://s.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=kottolaw
より。

■ 本メールマガジンは、配信申込をされた方、当事務所のメンバーと
お付き合いのある方等に近況報告や情報提供のためにお送りしております。
ご不要の方は、大変お手数ですが空メールをご返信ください。
(上記配信申込サイトからも配信解除をすることができます。)

■ 上記以外の、法律相談などを上記アドレスにご返信いただいても、一切
対応できません。

-------------------------------------------------------------------
骨董通り法律事務所
〒107-0062 東京都港区南青山5-18-5 南青山ポイント1F
電話. 03-5766-8980(代表) FAX. 03-5466-1107
-------------------------------------------------------------------